風俗嬢と一緒にいることの喜びを味わった方が良い

誰かを好きになったり恋人が出来た時。

ドキドキしてとても楽しい気分になることでしょう。

拾い画の転載、コンセプト無視の風俗店には注意!京都風俗のイベント情報をまずはチェックしよう!

恋愛すると胸がドキドキしちゃうなんてことを言いますが、胸がドキドキするのは脳からの指令でドキドキしているのであり、決して胸が反応してドキドキしているわけではないのです。

さて、脳にはPEA=フェネチルアミンという恋愛に反応するホルモンがあるのをご存じでしょうか。

片思いの相手にドキドキしたり、付き合っている恋人と一緒にいてドキドキするのは全部フェネチルアミンの仕業なのです。

このホルモンが活性化しているから恋愛していて楽しいという気分になるのです。

付き合い始めたばかりの頃は、フェネチルアミンが活発に活動しているのでドキドキが持続されるのですが、時間が経過するとフェネチルアミンの分泌量は減ってしまうのです。

「マンネリ化」は恋愛をする上でよくある現象なのですが、マンネリ化してしまうというのもフェネチルアミンの活動が沈静化しつつあるのが原因なのです。

このままでは破局の道へ一直線…なんてことも起きてしまうかも知れません。

恋愛を長続きさせる為にはいつでもフェネチルアミンを活性化させておかなければなりません。

ずっとドキドキした恋愛を楽しむ為には、頻繁に会ったりするよりも時々会って一緒にいることの喜びを味わった方が良い恋愛が出来ることでしょう。